画像を共有した相手に見える情報

画像のメタデータを「公開」に設定して画像のURLを共有すると、画像の属性情報コメントOCRスキャンされた情報、ユーザー名が画像を閲覧する人に公開されます。Gyazoの画像と一緒にキャプチャ元ウェブサイトを知らせたい場合などに便利にご活用いただけます。

Image from Gyazo


設定ページ
で「画像情報の共有を常に有効にする」にチェックすると、常に画像の情報が画像を閲覧する人にも公開される設定が有効になります(画像ページで個別に公開をオフにすることができます)。

画像のメタデータを「公開」に設定しない限り、画像の属性情報やコメントを見ることができるのは、画像をアップロードした本人のみです。

なお、画像のメタデータ設定に関わらず、あなたの画像の「関連画像」が他のユーザーに見えることはありません。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk